CLS Vehicle 作業マニュアル

メルセデスベンツ C257 CLS リアバンパーの外し方,交換講座

 

ネット通販で簡単に海外から部品が購入できる時代になりました。

近頃、メルセデスベンツのカスタム部品の一つに

AMG リアディフューザー + マフラーエンドがあげられます。

なかには、自分で交換してみようと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

アマゾン・楽天・YAHOOのショッピングやオークションサイトで買えますよね?

 

でも、

・買ったけど取付してくれる店がない。

 

・整備工場もベンツだから作業をしたくない

 

・どうやって外していいのかわからない

 

・持ち込みになると工賃が高そう

 

・自分で交換してみたいけど、バンパーの外し方がわからない。

そんなお悩みを少しでも解決ができるように

ここにC257 CLS のリアバンパーの外し方のサービスマニュアルを添付しておきます。

DIYが好きな人は自分で挑戦する人もいるのではないでしょうか?

購入を検討している方、既に購入し自分で作業を考えている方、

結論から言いますと、なにを買うにしてもそうですが自分で取付ができない商品は、

まず、取付をお願いしたいと考えているお店に相談する事です。

持ち込みは嫌がられる事が多いです( ;∀;)

そして取付できなかった場合も工賃は支払わなければなりません。

一度、目を通して頂き自分にあった選択をして下さい。手助けになればと思っています。

 

C257 CLS リアバンパー脱着作業マニュアル

 

C257 CLS リアバンパー外し方1

 

C257 CLSリアバンパー外し方2

 

PDFなので印刷する事もできます。

 

C257 CLS リアバンパー脱着作業時間

 

交換マニュアルは読んで頂いたと思いますが、

メルセデスベンツ AMG CLS53リアディフューザー交換を依頼した場合の

時間の作業約3時間〜4時間

ざっくり作業の流れを説明すると、

最初にバンパーを外す際にキズがつきそうな箇所をテープ等で保護します。

ジャッキアップする リアタイアを外すトランクを開ける →

トランク内の内張を外す → バンパーのネジを外す 元に戻す。

以上が作業の流れです。

 

関連記事
Mercedes-Benz CLS C257 CLS53仕様 パーツ

3台目となったCLS257、今回はワゴンの設定もAMG63の設定もなくスポーツセダンのみで 少し寂しい気もしますが、これだけ沢山の車種が販売されると仕方がないのかな。 今回は、メルセデス・ベンツ CLS C257 AMG LINEをCLS53仕様にする為のパーツを検索しました。 メンズエステサロン【 ...

続きを見る

 

C257 CLS リアディフューザー交換工賃

 

ディラーで1時間当たりの作業時間が¥16,000〜/1hと言われていました。

(変わっているかもしれません)

カスタムショップ:¥30,000〜

一般整備工場:値段?やってみないとわからんなぁ。。。← 電話しました。

ってな感じです。まぁそうですよね・・・・(笑)

もちろん地域によって異なると思うので、お店に電話で確認お願いします・・・・

 

自分で作業する際に伴うリスク

 

単純な事しか書けませんが

 

・もちろん何があっても自己責任

 

・時間が読めない

 

・一人では作業が難しい(できない事はない)

 

・作業の際下に潜るため危険

 

お店や工場に作業をしてもらって、何かあった時に責任を押しつけろと言っている訳では無いですよ。

 

最後に

 

理想はネットの販売価格の少し高いぐらいでお店から購入できるのが理想です。

なぜなら、見た目は同じ商品でもクオリティに大きな差があります。

ネットで購入するにしてもきちんとした対応してもらえるかも重要です。

ネットショッピングやオークションサイトをみていると、あたかも在庫があるように表示されていますが

実は海外発送で・・・みたいなのもよく見かけます。

できれば日本で在庫をもたれている所から購入するのがいいですね。

 

作業方法・工賃等はあくまでも参考でお願します。

 

関連記事
Mercedes-Benz CLS C257 フロントバンパー交換手順

ネット通販で簡単に海外から部品が購入できる時代になり アマゾン・楽天・YAHOOやオークションサイトでお店に足を運ばなくても、簡単に商品が購入できるようになりました。 だから、自分自身でDIY感覚で取付てみよう!っと考えている方もいるのではないでしょうか? 不安があるとすれば 自分 買ったけど取付し ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

よく読まれている記事

1

デザイン&クオリティ 時代の最先端を走り続けるために生まれ変わった伝統のデザイン 精緻に磨き上げられた、スクエアなフォルムとアイコニックなディテール 広くモダンに進化を遂げた、独創のインテリア そこにあるのは、時代の先端を走り続けるために、すべてが生まれ変わった伝統のデザイン   ...

2

  ・HAMANN Motor Sport社よりX5 G05 / X4 G02 / X3 G01とSUVモデルに続き、BMW X6 G06 M Sport用エアロプログラムが発表されました!日本での価格と納期はまだ未定ですが、エアロを装着した車両を見てみたいです。 G06モデルのエアロパー ...

3

コーナーの先に、驚きがある。 都市で暮らす喜びを味わい尽くす一台、MINI  3Door / 5Door。 MINI ならではのゴーカート・フィーリングに胸を躍らせ鋭いコーナーや狭い路地を軽快に、流れるように走り抜けるーその個性溢れるスタイルに、街中で視線を集めながら。 最新のMINI  Conne ...

4

Date : 1st. 2020-03-01 2020年の年内には日本でも発売されるだろうと言われているメルセデスベンツGLB 個人的には以前に発売されていたGLKを思い出すデザインで凄く好きなSUVらしさがある形だと思っています。メルセデス・ベンツGLBクラスは、現在販売されているGLAクラスとG ...

5

  2016年にフルモデルチェンジになった5代目W213 E-Class。 発売当初はメルセデスの最先端技術が搭載されていましたが、そんなW213 E-Classも2016年に発売されてもうすぐ4年を過ぎマイナーチェンジを迎えました。 新車価格が700万〜だった車も中古車市場では300万前 ...

6

  THE ICON REBORN アイコンは唯一無二である必要があると考えます。そして絶え間ない挑戦こそが新しいAventador を生み出したのです。 Miura、Islero、Countach、Urraco から続く、歴史的なランボルギーニの哲学は、新しい Aventador S C ...

7

Lorinserが新型Sクラス W223にホイールを装着した画像が公開されました。おそらくエアロパーツの開発も順調に進んでいる事でしょう( ̄▽ ̄) テレビで紹介!Oisixの美味しい野菜を配達で購入。 目次1 Lorinser Wheel for Mercedes-Benz W2232 Lorins ...

-CLS, Vehicle, 作業マニュアル
-, , , , , ,

© 2021 輸入車カスタムパーツ調査室 Powered by AFFINGER5