EQ Mercedes-benz 新車情報

メルセデスベンツ AMG EQS 情報が更新されました。

 

メルセデスはエレクトロニック フラッグシップの生産モデルを

まだ明らかにしていないが、既にインターネット上ではEQSがどのようにしてより

速いAMGを生み出すのかと言う噂が流れていますね。

 

アーキテクチャもSクラスの「MRA」ではなく、電気自動車用「MEA」プラットフォームを採用、

各車軸には1基ずつ、デュアルモーターを装備しベースモデルのEQSでは、最高出力は470ps、

最大トルク759Nmを発揮。

 

0-62マイル(0-100km/h)加速4.5秒、最高速200km/hのパフォーマンスを持ち、

駆動方式は、電気式全輪駆動が標準装備すると思われるが、

高性能AMG版では、最高出力600hp以上、最大トルク900Nm程度まで高められ、

0-62マイル(0-100 km/h)の加速で4秒を下回り、時速155マイル(250km/h)で

トップアウトすることを可能にする可能性があるという。

 

床面に取り付けられた大型の100kWhリチウムイオン電池パックの航続距離は

430マイル(692キロメートル)ともいわれているが、autocarはより現状を踏まえ、

現実的に考えると320マイル(515km)になると報告している。

また、新しく開発されたエネルギー回生システムも採用される。

 

AMG EQSは、テスラ・モデルSプレイドだけでなく、ポルシェ・タイカンと

今年出てくる2台のEV(Audi e-tron  GTとジャガーXJ)など各メーカーとの厳しい競争に直面するだろう。

 

さらに、BMWは最近、次世代7シリーズが電気自動車の中で

最強バージョンになるとだろう発表しました。

インテリア

 

プロダクションEQSのサイズは、第3世代のCLS C257と同等とされるが、

電動ドライブラインとフラットフロアのコンパクトなパッケージングによって、

Sクラスよりも大きなインテリアスペースが広くなると言われている。

 

従来の燃焼エンジンプラットフォームに課されていたようなスペースへの制限はもうなく、

特にリアのスペースは、大きく変わるだろう。

広々としたインテリアの注目となるのは、

特許申請中の幅1.15mの総ガラスのインスルトメントパネル。

これには、メルセデスが開発した新しいユーザーインターフェースを介して操作でき、

一連の高解像度デジタルディスプレイが収容される。

 

なお、現在メルセデス・ベンツにおけるEVとPHEV含むハイブリッドカーの

販売比率は9%だそうで、同社は2030年(あと9年)には

これらを50%まで引き上げたいとしており、

相当なハイペースでエレクトリック化を進めるということになりそうだ。

 

 

スポンサーリンク

よく読まれている記事

1

デザイン&クオリティ 時代の最先端を走り続けるために生まれ変わった伝統のデザイン 精緻に磨き上げられた、スクエアなフォルムとアイコニックなディテール 広くモダンに進化を遂げた、独創のインテリア そこにあるのは、時代の先端を走り続けるために、すべてが生まれ変わった伝統のデザイン   ...

2

  ・HAMANN Motor Sport社よりX5 G05 / X4 G02 / X3 G01とSUVモデルに続き、BMW X6 G06 M Sport用エアロプログラムが発表されました!日本での価格と納期はまだ未定ですが、エアロを装着した車両を見てみたいです。 G06モデルのエアロパー ...

3

コーナーの先に、驚きがある。 都市で暮らす喜びを味わい尽くす一台、MINI  3Door / 5Door。 MINI ならではのゴーカート・フィーリングに胸を躍らせ鋭いコーナーや狭い路地を軽快に、流れるように走り抜けるーその個性溢れるスタイルに、街中で視線を集めながら。 最新のMINI  Conne ...

4

Date : 1st. 2020-03-01 2020年の年内には日本でも発売されるだろうと言われているメルセデスベンツGLB 個人的には以前に発売されていたGLKを思い出すデザインで凄く好きなSUVらしさがある形だと思っています。メルセデス・ベンツGLBクラスは、現在販売されているGLAクラスとG ...

5

  2016年にフルモデルチェンジになった5代目W213 E-Class。 発売当初はメルセデスの最先端技術が搭載されていましたが、そんなW213 E-Classも2016年に発売されてもうすぐ4年を過ぎマイナーチェンジを迎えました。 新車価格が700万〜だった車も中古車市場では300万前 ...

6

  THE ICON REBORN アイコンは唯一無二である必要があると考えます。そして絶え間ない挑戦こそが新しいAventador を生み出したのです。 Miura、Islero、Countach、Urraco から続く、歴史的なランボルギーニの哲学は、新しい Aventador S C ...

7

Lorinserが新型Sクラス W223にホイールを装着した画像が公開されました。おそらくエアロパーツの開発も順調に進んでいる事でしょう( ̄▽ ̄) テレビで紹介!Oisixの美味しい野菜を配達で購入。 目次1 Lorinser Wheel for Mercedes-Benz W2232 Lorins ...

-EQ, Mercedes-benz, 新車情報
-, , ,

© 2021 輸入車カスタムパーツ調査室 Powered by AFFINGER5