GLA Mercedes-benz

メルセデスベンツ New GLA H247 カスタムパーツ

 

本国ではメルセデスベンツ新型GLAが、2020年4月28日に初めてのフルモデルチェンジを行いました。

ちなみに現行GLAの型番号はX156でしたが、今回の新型GLAで「H247」に変更されています。正直、X157になると思っていました。247はBクラス(W247)やGLB(X247)で使用されてる数字です。GLAのデザインを考えるとSUVクーペの位置付けになるとも考えられますね。

果たして新型GLAはいつ日本国内に導入されるのか?

フルモデルチェンジしたメルセデスベンツ新型GLA(H247)の最新カスタムパーツを調査して見たいと思います。

 

Mercedes-Benz New  GLA H247 /  Progressive Line

おそらくこのモデルがスタンダードモデルとして販売されるのではないでしょうか?フロントバンパーの左右にフォグランプが採用されていた写真もあったので、日本ではどのタイプが販売されるか楽しみです。オフロードを意識するとAMG LINEよりProgressive Lineですね。

 

 

Mercedes-Benz New  GLA H247 /  AMG LINE

こちらのバンパーデザインはAMG LINEの定番となりそうです。AMG Edition 1モデルがありバンパーの左右のダクト部分のフィンが赤色になっていました。

今回はダクトカバーの交換なしでフィン部分だけでAMG GLA35のシルバーフィンが取付できそうで、リアマフラーのデザインはオーバル型が採用されています。AMG GLA35仕様にするにはGLC やGLE同様にバンパー交換が必要になりそうです。

もしくは、マフラーエンド部分パネルが取り外しが可能であれば、マフラーエンドとエンドパネル部分を交換することに

 

 

Mercedes-Benz New  GLA H247 /  GLA35

今回のAMG GLA35にはフロントバンパーにはパナメリカーナグリルが採用されていますが、リアは楕円型の左右1本出しのマフラーで他の35シリーズと同じになっています。

 

 

Mercedes-Benz New  GLA H247 /  GLA45・GLA45S

写真はGLA45Sモデルになります。現時点では、GLA45モデルの画像が確認取れていないのですが、今までの流れを汲み取って行くならば、新型GLA45はフロントバンパーのカナード・ルーフウィングは装着されず、リアバンパーのセンタートリムがシルバーになるのではないかと・・・

 

 

 

Mercedes-Benz New  GLA H247 カスタムパーツ

 

GLA H247 / GLA35・GLA45パナメリカーナグリル

 

GLA35/45に装着されているパナメリカーナグリル

AMG LINEとGLA35とバンパーデザインは同じなのでおそらく問題なく取付できると思いますが、の形状を調べる取付可能か今後の調査対象とします。おそらく、社外品も発売されるでしょう

 

 

GLA H247 / GLA45Sフロントバンパーカナード

 

GLA45Sに装着されているフロントバンパーカナード

AMG LINEとGLA35とバンパーデザインは同じだが、よく見るとGLA45はバンパー下部デザインが異なるため、アンダーパネル部分の形状を調べるのが今後の調査対象とします。

 

GLA H247 / GLA45 リアマフラーエンド

 

GLA45マフラーエンド 左右2本出し

AMG LINEに取付するには、リアバンパーの交換が必要になるか、マフラーエンドとエンドパネルのみの交換で取付できるかを今後の調査対象とします。

 

GLA H247 / GLA45S リアバンパーダクトトリム

 

GLA45Sに装着されるであろうと考えています。

バンパー交換もなくAMG LINEに取付できそうです。

 

 

GLA H247 / GLA45S リアアンダースポイラー

 

GLA45Sに装着されるであろうと考えています。

AMG LINEに取付するには、リアバンパーの交換が必要になるか、今後の調査対象とします。

 

 

GLA H247 / GLA45S リアルーフウィング

 

GLA45Sに装着されるであろうと考えています。

取付するには、従来通りであればリアルーフと合わせて交換が必要になると思われます。

 

GLA H247 / エアベント アンビエントライトイルミネーション

 

標準で装備されるのか、AMGのみの設定になるのかは今の所は不明です。カラー設定はおそらく64色になると思うのですが、今後の調査対象とします。

 

 

まとめ

 

現時点でわかることを書き出してみました。日本での発売はされると思いますが、今後の動向に注目していきたいと思います。EPCやAMGサイトなどに情報がアップされて行くと、パーツ検索ができるので情報が入手出来次第、更新していきます。

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク

よく読まれている記事

1

デザイン&クオリティ 時代の最先端を走り続けるために生まれ変わった伝統のデザイン 精緻に磨き上げられた、スクエアなフォルムとアイコニックなディテール 広くモダンに進化を遂げた、独創のインテリア そこにあるのは、時代の先端を走り続けるために、すべてが生まれ変わった伝統のデザイン   ...

2

  ・HAMANN Motor Sport社よりX5 G05 / X4 G02 / X3 G01とSUVモデルに続き、BMW X6 G06 M Sport用エアロプログラムが発表されました!日本での価格と納期はまだ未定ですが、エアロを装着した車両を見てみたいです。 G06モデルのエアロパー ...

3

コーナーの先に、驚きがある。 都市で暮らす喜びを味わい尽くす一台、MINI  3Door / 5Door。 MINI ならではのゴーカート・フィーリングに胸を躍らせ鋭いコーナーや狭い路地を軽快に、流れるように走り抜けるーその個性溢れるスタイルに、街中で視線を集めながら。 最新のMINI  Conne ...

4

Date : 1st. 2020-03-01 2020年の年内には日本でも発売されるだろうと言われているメルセデスベンツGLB 個人的には以前に発売されていたGLKを思い出すデザインで凄く好きなSUVらしさがある形だと思っています。メルセデス・ベンツGLBクラスは、現在販売されているGLAクラスとG ...

5

  2016年にフルモデルチェンジになった5代目W213 E-Class。 発売当初はメルセデスの最先端技術が搭載されていましたが、そんなW213 E-Classも2016年に発売されてもうすぐ4年を過ぎマイナーチェンジを迎えました。 新車価格が700万〜だった車も中古車市場では300万前 ...

6

  THE ICON REBORN アイコンは唯一無二である必要があると考えます。そして絶え間ない挑戦こそが新しいAventador を生み出したのです。 Miura、Islero、Countach、Urraco から続く、歴史的なランボルギーニの哲学は、新しい Aventador S C ...

7

Lorinserが新型Sクラス W223にホイールを装着した画像が公開されました。おそらくエアロパーツの開発も順調に進んでいる事でしょう( ̄▽ ̄) テレビで紹介!Oisixの美味しい野菜を配達で購入。 目次1 Lorinser Wheel for Mercedes-Benz W2232 Lorins ...

-GLA, Mercedes-benz
-, , , , ,

© 2021 輸入車カスタムパーツ調査室 Powered by AFFINGER5