Rolls-Royce Vehicle

Rolls-Royce Dawn カスタムパーツ

闇の後に訪れる「夜明け(Dawn)」

指先ひとつでその印象的なシルエットが姿を変え、思わず乗り込みたくなるようなインテリアが現れます。友人たち、予期せぬ出来事、そして無限の可能性への扉が開いたのです。

ドーンは今を生きています。今のその一瞬一瞬に存在感を放つ車です。

「ドーン」は斬新かつ洗練された極めて社交性の高いクルマとして、
スタイリッシュで現代的な最高級4シーター・コンバーチブルのあるべき姿を示します。
ドーンは1950年から1954年の間にわずか28台のみが生産された
ロールス・ロイスの歴史の中で有名かつ稀な「シルバードーン」のドロップヘッドから発想を得ています。

- 夜明け前こそが一番暗い - 人は苦しみの内にいるとき、希望への道標を得るといいます。
早朝の最も暗いとき、ファントムやゴースト、あるいはレイスといった亡霊たちの妄想に乱された人々の心は、太陽のエネルギーに満ちた一条の光、夜明けの日差し、「ドーン」によって不安を払いのけ、新たな一日の始まりに目覚め、終わりなき可能性に気づかされます。

世界で最も静かなコンバーチブル

ドーンのルーフには、極めて特別なエンジニアリングと製造方法が注ぎ込まれています。
時速50キロまでであれば走行中も操作が可能で、全開状態からわずか20秒ほどで閉じ、まさにクーペのレイスと違わぬ完全な沈黙を提供します。

ファブリック製ルーフの設計において、ロールス・ロイスのエンジニアリング・チームは、『サイレント・バレエ - 音のない舞踏』というフレーズを生み出すほど困難で挑戦的なゴールを課しました。それは、世界で最も静かなコンバーチブルを創るということでした。

ルーフのデザインは気品があり、美しくなければならず、ファントム・ドロップヘッド・クーペに続いて2番目に大きいキャノピーを持つコンバーチブル・カーとして、その上品な佇まいをいささかも損ねてはなりません。

Rolls-Royce  公式サイトより

このブログを覗きに来て頂いている方は、もちろんRolls-Royce Dawnを所有されている方や性能等は既にディーラーH.Pや他のサイトで知っている方が多いと思いますので、こちらのサイトはロールスロイス・ドーンのカスタムパーツを紹介したいと思います。




メンズエステサロン【エルセーヌMEN】

メタボリック対策やヒゲ脱毛など、男の魅力を引き出すエステ体験実施中!

Rolls-Royce Dawn  MANSORY Aerodynamics Parts

ロールス・ロイス ドーン - マンソリー エアロパーツ

  • フロントバンパースポイラー FOG
  • フロントバンパースポイラーDRL
  • フロントリップスポイラー for マンソリバンパー用
  • リアバンパースポイラー+エグソーストエンド<クローム> or <ブラック>
  • サイドスカート
  • フロントフェンダー
  • リアデッキスポイラー
  • フロントグリルフレーム
  • ホイール
  • ロアリングサスペンション
  • エグゾーストシステム
  • インテリアパーツ
  • etc

MANSORY   H.Pはこちら

 

 

Rolls-Royce Dawn  WALD Aerodynamics Parts

ロールス・ロイス ドーン - ヴァルド エアロパーツ

  • フロントバンパースポイラー
  • サイドステップ
  • リアスカート
  • トランクスポイラー
  • マフラー
  • マフラーカッター
  • ホイール
  • etc

WALD H.Pはこちら



Rolls-Royce Dawn  NOVITEC Aerodynamics Parts

ロールス・ロイス ドーン - ノヴィテック エアロパーツ

  • フロントバンパー
  • サイドパネルセット
  • リアバンパー
  • リアスポイラーリップ
  • ホイール
  • エキゾーストシステム
  • etc

NOVITEC-Group H.Pはこちら

 

 

Rolls-Royce Dawn ONYX Aerodynamics Parts

ロールス・ロイス ドーン - オニックス エアロパーツ

  • フロントバンパースポイラー
  • フロントスポイラー
  • サイドスカート
  • リアバンパー+リアディフューザー
  • リアスポイラー
  • 22インチホイール
  • エグゾーストシステム
  • etc

ONYX H.Pはこちら

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

Rolls-Royce Wraith カスタムパーツ

 

スポンサーリンク

よく読まれている記事

1

デザイン&クオリティ 時代の最先端を走り続けるために生まれ変わった伝統のデザイン 精緻に磨き上げられた、スクエアなフォルムとアイコニックなディテール 広くモダンに進化を遂げた、独創のインテリア そこにあるのは、時代の先端を走り続けるために、すべてが生まれ変わった伝統のデザイン   ...

2

  ・HAMANN Motor Sport社よりX5 G05 / X4 G02 / X3 G01とSUVモデルに続き、BMW X6 G06 M Sport用エアロプログラムが発表されました!日本での価格と納期はまだ未定ですが、エアロを装着した車両を見てみたいです。 G06モデルのエアロパー ...

3

コーナーの先に、驚きがある。 都市で暮らす喜びを味わい尽くす一台、MINI  3Door / 5Door。 MINI ならではのゴーカート・フィーリングに胸を躍らせ鋭いコーナーや狭い路地を軽快に、流れるように走り抜けるーその個性溢れるスタイルに、街中で視線を集めながら。 最新のMINI  Conne ...

4

Date : 1st. 2020-03-01 2020年の年内には日本でも発売されるだろうと言われているメルセデスベンツGLB 個人的には以前に発売されていたGLKを思い出すデザインで凄く好きなSUVらしさがある形だと思っています。メルセデス・ベンツGLBクラスは、現在販売されているGLAクラスとG ...

5

  2016年にフルモデルチェンジになった5代目W213 E-Class。 発売当初はメルセデスの最先端技術が搭載されていましたが、そんなW213 E-Classも2016年に発売されてもうすぐ4年を過ぎマイナーチェンジを迎えました。 新車価格が700万〜だった車も中古車市場では300万前 ...

6

  THE ICON REBORN アイコンは唯一無二である必要があると考えます。そして絶え間ない挑戦こそが新しいAventador を生み出したのです。 Miura、Islero、Countach、Urraco から続く、歴史的なランボルギーニの哲学は、新しい Aventador S C ...

7

Lorinserが新型Sクラス W223にホイールを装着した画像が公開されました。おそらくエアロパーツの開発も順調に進んでいる事でしょう( ̄▽ ̄) テレビで紹介!Oisixの美味しい野菜を配達で購入。 目次1 Lorinser Wheel for Mercedes-Benz W2232 Lorins ...

-Rolls-Royce, Vehicle
-, , , ,

© 2021 輸入車カスタムパーツ調査室 Powered by AFFINGER5