A-Class Mercedes-benz Vehicle 作業マニュアル

Mercedes-Benz Aクラス W177 ブレーキパッド交換方法

 

最近のドレスアップ/カスタムのひとつに

キャリパーのカラーチェンジとブレーキパッド交換があります。

キャリパーはAMGのロゴやオリジナルのロゴ入れ

キャリパーは赤・黄・黒・青など様々です。

ブレーキパッドの交換の目的は輸入車に当然のように起こるブレーキダストを軽減させ、ホイールをキレイに保つために新車時から交換する人も多いです。

先日、Aクラスのリアブレーキパッドの取り外し方についてご質問があったので調べてみました。

フロントを取り外すための手順は従来通りで問題なさそうですが

リアは少し手順がありましたので情報を共有します。

念の為、フロントも同時に調べましたのでリアと合わせてWISの資料を添付しました。

メンズエステサロン【エルセーヌMEN】
メタボリック対策やヒゲ脱毛など、男の魅力を引き出すエステ体験実施中!

PICTO(ピクト)時計日本公式販売

 

Mercedes-Benz W177 Aクラス / フロントブレーキパッド交換

 

Mercedes-Benz W177 Aクラス フロントブレーキ・パッド交換方法

Mercedes-Benz W177 Aクラス フロントブレーキ・キャリパ脱着方法

 

 

Mercedes-Benz W177 Aクラス / リアブレーキパッド交換

 

 

Mercedes-Benz W177 Aクラス リアブレーキ・パッド交換前 作業前ポジション設定

Mercedes-Benz W177 Aクラス リアブレーキ・パッド交換方法

 

関連記事
Mercedes-Benz W205 C-class ブレーキパッド交換方法

  最近のドレスアップ/カスタムのひとつに キャリパーのカラーチェンジとブレーキパッド交換があります。 キャリパーはAMGのロゴやオリジナルのロゴ入れ キャリパーは赤・黄・黒・青など様々です。 ブレーキパッドの交換の目的は輸入車に当然のように起こるブレーキダストを軽減させ、ホイールをキレイ ...

続きを見る

 

Mercedes-Benz WISより

ブレーキ システムの修理に関する注意事項

モデル:すべて

  1. ブレーキ・システムのメンテナンスおよび修理作業を行う際には、ミネラル・オイル、グリースまたはこれらを類似したが物質ブレーキ・システムに入り込まないように注意する必要があります。
  2. ハイドロリック・ブレーキング・システムのシリンダラインおよびエクスパンション・タンク用の洗剤および洗浄剤として、新しいブレーキ・オイルを使用します。
  3. ブレーキ・システム内部にミネラル・オイルが確認された場合やブレーキ。システムの内部にミネラル・オイルが入り込んでいる疑いがある場合は、以下のように処理をする必要があります。       
  4. タンデム・マスタ・シリンダまたはハイドロリック・ユニットおよびブレーキ・オイル用のエクスパンション・タンクを交換します。
  5. ブレーキシステム全体を新しいブレーキ・オイルで徹底的に洗浄します。
  6. ブレーキ・キャリパ、ブレーキ・ホース、SBC、ABS、ETS、ASRまたはESPハイドロリック・ユニット、プレッシャ・リザーバ、チャージ・ピストン・ユニットおよびプレチャージ・ポンプなど、ラバー製の構成部品付きのすべてのブレーキ部品で、ミネラル、オイル接触した可能性のあるものは、すべて交換する必要があります。
  7. ブレーキ。システムのエアを抜きます。

 

事故車のSBC、ABS、ETS、ASR、および ESP部品の取扱い。

車両または損傷箇所の損傷の大きさおよびハイドロリック・ユニットの外観から、ハイドロリック・ユニットが著しい衝撃を受けたことが分かる場合は、ハイドロリック・ユニットを交換する必要があります。ハイドロリック・ユニットが損傷していると、ブレーキ性能が損なわれるおそれがあります。

例えば、以下のような兆候がみられる場合

  • ハイドロリック・ラインが折れ曲がっている。
  • ハイドロリック・ユニットの接続部に漏れがある。
  • 電気ケーブルまたはプラグ。コネクタが損傷している。
  • ハイドロリック・ユニットの金属製のブロックに損傷の跡がある。
  • ハイドロリック・ユニットがマウントから飛び出しており、大きな力を加えなければ再び嵌め込む事ができない

これらが該当しない場合は、システムの機能を徹底的に点検し、ソレノイド・バルブとポンプの点検工程を実施する必要があります。ブレーキ・システムが損傷しているとブレーキ性能が損なわれるおそれがあります。

ブレーキ・キャリパに

  • 傷をつけたり、塗装されたブレーキ・キャリパのペイントを損傷させないこと。
  • ハンマ、レバー、プライヤまたはその他ツールで脱着しないこと。
  • 加工しないこと。
  • 外観上、目に見える塗装された面を下にして置かないこと。
  • 清潔なトレイの上のみに置くこと

以下の作業は特別に注意して行って下さい。

これを守らないとブレーキ・キャリパを損傷するおそれがあります。

  • タイヤ付きホイールの脱着
  • ブレーキ・パッドの脱着
  • ブレーキ・キャリパの脱着
  • ホイール・ハウス付近のすべての作業、例えばスプリング・ストラット・コントロールアーム・トーションバー等の脱着
  • タイヤ付きホイールを取り外した車両のリフト・ダウン

 

安全に作業をして頂けることを願っています。

読んで頂きありがとうございましたm(_ _)m

 

関連記事
Mercedes-Benz・輸入車にオススメ!低ダストブレーキパッド

  自動車を運転する上で、停止するために重要なブレーキ。 そんなブレーキシステムを構成しているパーツの1つが「ブレーキパッド」です。 純正品のほかにも、数多くの社外品が販売されていますが、それぞれ適する車種や走行スタイルが異なるため、どれを選べばよいのかよく分からないという人も多いのではな ...

続きを見る

スポンサーリンク

よく読まれている記事

1

デザイン&クオリティ 時代の最先端を走り続けるために生まれ変わった伝統のデザイン 精緻に磨き上げられた、スクエアなフォルムとアイコニックなディテール 広くモダンに進化を遂げた、独創のインテリア そこにあるのは、時代の先端を走り続けるために、すべてが生まれ変わった伝統のデザイン   ...

2

  ・HAMANN Motor Sport社よりX5 G05 / X4 G02 / X3 G01とSUVモデルに続き、BMW X6 G06 M Sport用エアロプログラムが発表されました!日本での価格と納期はまだ未定ですが、エアロを装着した車両を見てみたいです。 G06モデルのエアロパー ...

3

コーナーの先に、驚きがある。 都市で暮らす喜びを味わい尽くす一台、MINI  3Door / 5Door。 MINI ならではのゴーカート・フィーリングに胸を躍らせ鋭いコーナーや狭い路地を軽快に、流れるように走り抜けるーその個性溢れるスタイルに、街中で視線を集めながら。 最新のMINI  Conne ...

4

Date : 1st. 2020-03-01 2020年の年内には日本でも発売されるだろうと言われているメルセデスベンツGLB 個人的には以前に発売されていたGLKを思い出すデザインで凄く好きなSUVらしさがある形だと思っています。メルセデス・ベンツGLBクラスは、現在販売されているGLAクラスとG ...

5

  2016年にフルモデルチェンジになった5代目W213 E-Class。 発売当初はメルセデスの最先端技術が搭載されていましたが、そんなW213 E-Classも2016年に発売されてもうすぐ4年を過ぎマイナーチェンジを迎えました。 新車価格が700万〜だった車も中古車市場では300万前 ...

6

  THE ICON REBORN アイコンは唯一無二である必要があると考えます。そして絶え間ない挑戦こそが新しいAventador を生み出したのです。 Miura、Islero、Countach、Urraco から続く、歴史的なランボルギーニの哲学は、新しい Aventador S C ...

7

Lorinserが新型Sクラス W223にホイールを装着した画像が公開されました。おそらくエアロパーツの開発も順調に進んでいる事でしょう( ̄▽ ̄) テレビで紹介!Oisixの美味しい野菜を配達で購入。 目次1 Lorinser Wheel for Mercedes-Benz W2232 Lorins ...

-A-Class, Mercedes-benz, Vehicle, 作業マニュアル
-, , , , , ,

© 2021 輸入車カスタムパーツ調査室 Powered by AFFINGER5