GLS Mercedes-benz Vehicle

Mercedes-Benz 新型GLS X167 カスタムパーツ

130年以上にわたって自動車の理想を追い続けてきたメルセデス。

その思想と情熱のすべてを注いで生まれたフラッグシップSUVがGLSだ。

GLSの元々の呼び名はGLと呼ばれていました。

GLは/X164・X166とモデルが変更されX166のマイナーチェンジと共に

Sクラス同様に最上級モデルSUVとしてGLの後ろにSが付けられ名称もGLSに変更された。

新型GLS X167は長い歴史が紡いだ最先端テクノロジーを惜しみなく投入することで、

かつてない極上の心地よさが乗る人すべてを満たす移動体験を実現。

広大な空間を包む伸びやかな体躯には、メルセデス最高峰としての力強さと威厳がみなぎっている。

2列目には、豊かな経験に裏打ちされた、贅を尽くした安らぎの空間を創造。

3列目にも、大人が快適に過ごせるスペースが用意された。

さらに3列目のシートを倒すとゴルフバックが4つも載せれる強大な空間が用意されており

この新型GLSはメルセデスが追い求めるモダンラグジュアリーの真髄をまとう

次世代SUVの最高峰モデルではないでしょうか。

そんなGLSのカスタムパーツを紹介していきます。




Mercedes-Benz GLS X167 /  GLS63 Front Bumper + Panamericana grille

 メルセデスベンツ GLS X167 / GLS63 フロントバンパー+パナメリカーナグリル

GLSはパナメリカーナグリルだけを流用して使う事ができないような気がする。。。

いっその事GLS63仕様にしてしまった方がカッコイイかな。

只、バンパー事の交換になると現時点では定価がないのでわからないが、他の車種と同様で

GLSフロントバンパー+パナメリカーナグリルでパーツ代で40万〜50万ぐらいしそうです。

 

Mercedes-Benz GLS X167 / AMG GLS63 Rear Diffuser+Muffler End

 X167 AMG GLS63 リアディフューザー+マフラーエンド

リアはバンパーの交換をする事なく、ディフューザーとマフラーエンドのみでGLS63仕様に変更できそうですね。

ご存知の方も多いと思いますが、今のメルセデスはマフラーとマフラーエンドが分かれているのでマフラーだけを交換してもこの4本出しの出口にはなりません。

逆にマフラーを交換しなくてもこの4本だしのスタイルを手に入れる事ができるので、バンパーを交換するよりもカスタム費用は抑えれる事ができます。

 

 X167 GLS LEDアンビエントライト付ツィーター

LED無

ブルメスタースピーカー

LEDアンビエントライト付

ブルメスターツィーター

 

カタログでは日本仕様はブルメスタースピーカーが標準装備がされるみたいですが、

ツィーター部分にLEDアンビエントライト<装備されるのはまた本国仕様のみになると思います。

この部品も他の車種同様に社外品でも発売されそうですね。

 

AMG GLS63  10 double-Spoke wheel / Forged

GLS63 Wheel

 

Front wheels:

  • Size: 10 J x 23 ET 45
  • Color: Titanium Grey-7X21
  • Part Number: A16740185007X21
  • Tyres: 285/40 R23

Rear wheels:

  • Size: 11,5 J x 22 ET 47
  • Color: Titanium Grey-7X21
  • Part Number: A16740186007X21
  • Tyres: 325/35 R23

 

さすがGLS、23インチは大きい。。。

ブラックVerのホイール設定もありそうですね。

ホイールの品番にはセンターキャップは付属されていないので、別途購入が必要になります。

 

メルセデス・マイバッハ・GLS

2020年の後半市場導入を予定しているにGLSのマイバッハモデル

日本での価格や導入時期はまだ未定との事、まぁ導入されても、

もちろん私には購入できるはずもないですが

果たしてマイバッハの部品って供給されるのでしょうか?

ノーマル仕様のバンパーデザインを使っていますね。グリルが特徴的なマイバッハグリル

 

電動のステップボードにマイバッハのロゴが!

ボディーカラーや室内はオーダーメイドでしょうね。

2012年に初代モデルの販売終了とブランド一時廃止になったが、

2015年に「メルセデス・マイバッハ・Sクラス」が正式に発表され復活したマイバッハブランド。

以前のマイバッハだとパーツの入手は困難だったが、

現在のメルセデス・マイバッハになってからは、一部のパーツが入手できるようにもなっています。

Sクラスでいうとバンパーやフロントグリルやエンブレムなどが入手できていたので、

GLSも発売されると外装パーツが購入はできればマイバッハ仕様も可能になるかもしれないですね。




Mercedes-Benz  X167 GLS / BRABUS Aerodynamics

メルセデスベンツ GLS X167 フロントバンパーダクト+LED

メルセデスベンツ GLS X167 リアルーフスポイラー

Mercedes-Benz  X167 GLS / Larte Design

Larte Designから新型GLS用のエアロパーツが発売!

グリルのデザインがインパクトがありますΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

前からパーツを紹介しますと

  1. フロントグリル
  2. フロントリップスポイラー
  3. フロントウィング(フロントバンパーの外側のダクト部分)
  4. ドアミラーカバー

続いてリアを紹介!

  1. リアディフューザー
  2. リアマフラーテールパイプ
  3. リアスポイラー

リアディフューザーデザインの縦2本のフィンにはブレーキランプが備え付けられるのが特徴です。

Body Kitの名称はWINNERと呼ばれていて、パーツ全てがカーボンでの設計になっています。

今後も新型GLSパーツの情報を探しお知らせしていきたいと思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

Import Carホイール ブランド

Mercedes-Benz GLS X167 Customized by LARTE Design

スポンサーリンク

よく読まれている記事

1

デザイン&クオリティ 時代の最先端を走り続けるために生まれ変わった伝統のデザイン 精緻に磨き上げられた、スクエアなフォルムとアイコニックなディテール 広くモダンに進化を遂げた、独創のインテリア そこにあるのは、時代の先端を走り続けるために、すべてが生まれ変わった伝統のデザイン   ...

2

  ・HAMANN Motor Sport社よりX5 G05 / X4 G02 / X3 G01とSUVモデルに続き、BMW X6 G06 M Sport用エアロプログラムが発表されました!日本での価格と納期はまだ未定ですが、エアロを装着した車両を見てみたいです。 G06モデルのエアロパー ...

3

コーナーの先に、驚きがある。 都市で暮らす喜びを味わい尽くす一台、MINI  3Door / 5Door。 MINI ならではのゴーカート・フィーリングに胸を躍らせ鋭いコーナーや狭い路地を軽快に、流れるように走り抜けるーその個性溢れるスタイルに、街中で視線を集めながら。 最新のMINI  Conne ...

4

Date : 1st. 2020-03-01 2020年の年内には日本でも発売されるだろうと言われているメルセデスベンツGLB 個人的には以前に発売されていたGLKを思い出すデザインで凄く好きなSUVらしさがある形だと思っています。メルセデス・ベンツGLBクラスは、現在販売されているGLAクラスとG ...

5

  2016年にフルモデルチェンジになった5代目W213 E-Class。 発売当初はメルセデスの最先端技術が搭載されていましたが、そんなW213 E-Classも2016年に発売されてもうすぐ4年を過ぎマイナーチェンジを迎えました。 新車価格が700万〜だった車も中古車市場では300万前 ...

6

  THE ICON REBORN アイコンは唯一無二である必要があると考えます。そして絶え間ない挑戦こそが新しいAventador を生み出したのです。 Miura、Islero、Countach、Urraco から続く、歴史的なランボルギーニの哲学は、新しい Aventador S C ...

7

Lorinserが新型Sクラス W223にホイールを装着した画像が公開されました。おそらくエアロパーツの開発も順調に進んでいる事でしょう( ̄▽ ̄) テレビで紹介!Oisixの美味しい野菜を配達で購入。 目次1 Lorinser Wheel for Mercedes-Benz W2232 Lorins ...

-GLS, Mercedes-benz, Vehicle
-, , , , ,

© 2021 輸入車カスタムパーツ調査室 Powered by AFFINGER5